書本 & cafe magellan(マゼラン)
カタログ 利用案内 カゴの中 店舗紹介 リンク メルマガ ブログ


















TOP > 文芸 > 幸福が裁かれる時

|幸福が裁かれる時



小島信夫 著 海竜社 1983初版

状態:可、カバ少焼、帯、天地小口シミ、47頁折

内容:
プロローグ それでも憧れ求め続ける
I 夫の変化
 夫の職場恋愛の落とし穴
  部下のOLと夫との関係を私は許せない
  それでも私は夫を愛している
  裏切りを踏み台にして得た魅力
 妻以外の女が子供を産んだ事情
  夫に私の知らない子供がいたなんて・・・
  浮気はした。だが、僕の子だなんて・・・
  この子は絶対にあの人の子供です
  幸福に堪えることのむずかしさ
 四十七歳の夫の危険な恋
  結婚二十二年目、夫は突然離婚宣言を
  失われた青春を取り戻したい
  安定した家庭生活に抱く夫の危険な空想
 夫を狂わせた許されざる愛の罠
  一日も早く夫と妹の中を解消させたい
  責任をとるためにも義妹と結婚したい
  夫であるときと男であるとき
II 妻の錯覚
 夫の束縛から逃れようとした妻の苦悩
  なにが不満で妻は家庭を放棄するのか
  干渉がましい夫がたまらなかった
  家庭を離れるのは女の罪ではない
 妻があやまちを犯したあと
  なぜ妻はこんな事件を起こしてしまったのか
  私がこうなったのも夫のせいです
  妻を<一心同体>と思い込む夫の錯覚
 過去を打ち明けた妻
  <婚前の罪>に耐えきれなくなった私
  夫は一生私の過去を許そうとはしないのでしょうか
  妻の償いの気持ちが夫をますます堪らなくする
III 親との葛藤
 絶え間ない姑との争いの果て
  姑のいやがらせで私はノイローゼです
  いまのままでは家庭崩壊に・・・
  恨みが重なると何が根本の原因か分からなくなる
 妻の生活設計からはみだしていた姑
  子離れできない姑と親離れできない夫
  母をないがしろにする妻を許せない
  出直すことは失敗ではない
 母親と密着しすぎた妻の躓き
  女をつくったのは私と実家のせいだという夫
  私はいつも妻の前で余所者だった
  生き恥をさらした後に成長がある
 二人の妻の愛が踏みにじられた理由
  母との関係がまずくて家を出てしまった妻
  夫にだまされ、姑ともうまくいかず、疲れ果てた私
  長男の心の中に潜む母親願望

販売価格 2,000円(税込)
購入数




この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける