書本 & cafe magellan(マゼラン)
カタログ 利用案内 カゴの中 店舗紹介 リンク メルマガ ブログ


















TOP > 舞台 > ピナ・バウシュ タンツテアターとともに

|ピナ・バウシュ タンツテアターとともに



ライムント・ホーゲ 著、ウリ・ヴァイス 写真、五十嵐蕗子 訳、三元社、1999初版

状態:良、カバ少汚

内容:
p8 わたしのもとへ 一本の枝、一枚の壁
  ピナ・バウシュとそのタンツテアターについての試論
p43 《純潔伝説》
  いくつかのリハーサル中の観察、メモ、経験
p70 ロルフ・ボルツィク
  一九四四年七月二九日 − 一九八〇年一月二七日
p74 《カフェ・ミュラー》
  連想
p80 「何をしてもかまわない。笑ってもいい、泣いてもいい」
  ダンサー メリル・タンカードのポートレート
p91 《ワルツ》
  リハーサルの問いかけ、テーマ、キーワード
p97 イサベル・リバス・セルラ
  一九五九年五月二九日 − 一九八三年十二月十四日
p101 《山の上で叫び声が聞こえた》
  リハーサルのメモ
p112 《ツー・シガレッツ・イン・ザ・ダーク》
  リハーサル日記
p136 カスパールと僧侶
  ダンサー ドミニク・メルシィの肖像
p150 ローマ、メモ
  《ヴィクトル》のローマでのリハーサルを観察する
p171 ピナ・バウシュ、データ
p178 解説(鴻英良)
p186 訳者あとがき
販売価格 1,500円(税込)
購入数




この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける